健康保険が適用

診療における費用は、健康保険の適用で概ね数千円程度が目安が一般的です。

 うつ病は、生活環境や社会活動をする環境に大きな変化が生じた場合、その新しい環境に順応しきれず精神的にストレスがたまり発症する精神性疾患とされています。  うつ病のような精神疾患は、従来は精神科目の疾病として扱われてきました。そのため、病院での受信は精神科を受診してきました。  ところが、精神的なストレスが原因で内臓疾患を併発することも多いため、精神科ではなく内科を受診する患者も多かったのが実情でした。  その後心療内科が新設され、うつ病をはじめとする精神性疾患やそれに伴う身体的不調の治療については心療内科が総合的に治療してくれるようになりました。  治療費用は病状によって変わりますが、一度の受診について、健康保険の適用で、概ね数千円と、他の科目受診の時と同等と考えておけば目安になります。

うつ病の治療として、精神面と身体面の両方から診療するために心療内科が新設されました。

 うつ病は、主に精神性ストレスが原因で発症する精神疾患とされています。  これは、大きな生活環境の変化や、社会活動の場の変化によって、それまで常識とされてきた習慣や価値観が一時的に通用しなくなった時や、行動規範に修正が必要になることで精神的なストレスが積算していく一方で、新しい状況に順応することができずに、適応障害などのような状態になる場合が多いです。  従来の治療では、精神科が診療や治療を行なってきました。  ところが、身体的な疾病については内科の診察、判断が必要となります。  そのため、精神科と内科を別々に受診することとなり、効果的な診察、治療が行えませんでした。  そこで、精神面と身体面を総合的に診察、治療することを目的として心療内科が新設されました。  もし、精神的な不調、あるいは身体的な不調が取れない、といった体調不良を抱えている場合は、一度心療内科を受診することをおすすめします。