些細なことでもお聞きします

うつ病の度合い

うつに関する相談をするならこちらのサイトを利用しましょう。治療に役立つ情報が見つかるかもしれませんよ。

心療内科での治療をしやすくする方法

うつ病にも軽度のものから重度のものまで様々ですが自分ひとりで治療できる病気ではありません。 なので心療内科などの医療機関で治療を行うことが大切になりますが、うつ病の患者さんは重度のものになってくると働くことも困難な場合があり、金銭的な面でも病院に通えなくなってしまうこともあります。 そこでこうした患者さんをサポートする目的で作られたのが精神障害者保健福祉手帳です。 この手帳は簡単にもらえるものではなくきちんとした審査をしたのちに受け取ることができるものですが、この手帳を持っていることで通院時に利用する電車やバスなどの運賃や様々な公共施設の料金が割引になるサービスもあります。 治療に専念したい方にとっては安心して病気を治すことができるサービスとも言えます。

精神障害者保健福祉手帳が多く使用されている理由

精神障害者保健福祉手帳は今現在多くのうつ病患者の方々が使用しています。 申請から支給されるまでは厳しい審査があり場合によっては支給されないこともありますが、近年うつ病で苦しんでいる人は増加傾向にあるためこのような手帳はいち早く治療を行い、出来るだけ早く社会復帰をする上でも大切なものになっています。 うつ病のような精神病は今でもまだ理解されない部分が多い病気なので治療を行いながら働くというのは難しい場合がほとんどです。 経済的に苦しい状況だと治したいと思っていても治せずにさらに悪化する恐れもあるのでこうした手帳を上手く使っていくことで早い改善にも繋がりやすくなります。 日本はうつ病患者が日々増加しているためこうした手帳が多くの人に使われているのです。

うつ病は怠けではなく、病気です。

うつ病は精神的かつ身体的な症状を引き起こします。不眠や過食、拒食、食欲不振、イライラ、悲壮感、脱力感、疲労感など様々な症状があります。 脳がストレスフルな状態となり、神経伝達物質が異常をきたしている状態をうつ病といいます。うつになりやすいタイプは、几帳面でまじめなどの方に多く見られます。いつも頑張りすぎてしまうため、ストレスを溜め込みやすい状況に陥っているのです。 うつ病になると、周りからは怠けているように見えてしまうことがあります。自分自身でも、「疲れているだけ」と思い込み、うつの症状を見逃して悪化させてしまうことがあります。うつ病は治療を必要とする病気であることを理解し、異常を感じたときにはすぐに受診をすることが大切です。

治療薬によって治すことができます。

うつ状態は、脳内の神経伝達物質(セロトニン・ノルアドレナリン)が減少していることが原因です。それを補って行く薬を抗うつ薬といいます。抗うつ薬はさまざまな種類があります。主治医に従って正しい内服方法と、時間を守り継続する必要があります。なぜ継続することが大切なのでしょうか。抗うつ薬は効果が現れるまで時間がかかります。少しの期間だけ内服をして、良くならないからといって内服をやめてしまうことは治らないどころか、悪化させてしまうこともあります。主治医と相談をして、治療の方法の理解をしておく必要もあります。 気長にゆっくりと治していこうという気持ちでいることも大切です。 治療を継続するためには、周囲の協力も必要です。とにかくうつ病の方は休ませてあげることが重要です。症状の変化を理解し、治療を安心してうけられるようにサポートしてください。

治療の費用

うつ病患者の治療期間は人によって異なります。重度か軽度かでも大きな差があるでしょう。治療には費用が発生します。治療期間がはっきりと分からないうつ病なので、治療費については医者に相談してみましょう。

» 詳しくはこちら

健康保険が適用

うつ病の治療費は、健康保険が適用される為に自己負担を軽減することが出来るでしょう。一度の診療で数千円といった目安をもっておくといいでしょう。心療内科で相談をし、治療を受けることが出来ます。

» 詳しくはこちら

今の治療

心の病とされるうつ病の治療法は、以前と比べて進化しています。相談をし、心の悩みを取り除いてケアをするのです。それと同時に血液検査などを行って、適した治療薬を服用しながら完治を目指します。

» 詳しくはこちら

増える患者

現代では、うつ病患者が以前よりも増えていると言われています。職場や家庭、さまざまなところで生まれたストレスが、心に蓄積することで発症するのです。早めに相談をして、治療を開始することが重要です。

» 詳しくはこちら

早めの気付き

病気が知らぬ間に進行しているという恐ろしいこともあります。うつ病もその内の1つでしょう。何か不安を感じることがあれば、早めに病院へ足を運び、医者に相談することが大事です。

» 詳しくはこちら